妊娠中に、足がむくんでしまったり、下半身に余分なお肉がついてしまったり。

出産後に元には元に戻ると思っていたのに、戻らない!さらに太ってしまった!

 

なんて、悲しんでいるママも多いのではないでしょうか?

産後に、下半身が太ってしまうことには原因があります。

まずは、下半身が太ってしまう原因を理解してから、産後ダイエットに取り組む事が効率的だと思います。

 

なので、

今回は原因のご説明と、私が実際に産後ダイエットとして行った、オススメのストレッチをご紹介していきますね^^

 

スポンサードリンク

産後の下半身太りの原因を知りましょう

産後には、ぽっこりとでてしまったお腹ももちろん気になるところですが、
妊娠前とははるかに変わってしまった下半身で悩んでいる方の方が多いと思います。

 

そんな、下半身がとくに太ってしまうのには原因は

・骨盤の歪み
・筋力の低下

上記の2つはとても大きな要因になっています。

 

では、骨盤の歪みからどう太ってしまうのか、詳しくご説明していきますね。

 

骨盤の歪み

妊娠中は、出産に向けて赤ちゃんがスムーズに産まれてこられるように、
“リラキシン”というホルモンが分泌されることで、骨盤が開いていきます。

 

そんな、開いてしまった骨盤は、出産後に徐々に元に戻っていきますが、
骨盤周囲や、足の筋力が弱いと骨盤が開いたままとなりなかなか元には戻りません。

 

骨盤が開いまま、毎日の生活の中で、

・片足に重心をよくかけてしまう
・片方の肩でよく荷物を持ってしまう
・足を組んで座ってしまう
・偏った姿勢をとっている

このような、ちょっとした癖から
骨盤の歪みに繋がってしまいます。

 

歪んでしまった骨盤の周りには、余分な脂肪が付きやすくなります。

また、背骨や股関節にゆがみが生じて、姿勢の悪化につながり動脈やリンパを圧迫して、
老廃物の排出が滞ることで、下半身のむくみや太りへつながってしまいます。

 

筋力の低下

妊娠中はお腹も大きくなることから、運動を控えたり、家にいる時間が長くなることから、
妊娠前よりも筋力は低下してしまいます。

 

骨盤周りの筋力が低下してしまうことで、基礎代謝も下がってしまうので、
痩せにくく太りやすい身体となります。

 

ストレッチってなにをしたらいいの?

産後に太ってしまっている原因は、骨盤の歪みと筋力の低下にありましたよね。

 

なので、骨盤矯正できるストレッチがオススメです。

・お尻のストレッチ
・ペットボトルストレッチ
・寝ながらストレッチ

この3つのストレッチをご紹介していきますね。

 

お尻のストレッチ

お尻ストレッチとは、立っている時でも、
座っている時でもどんな時でも、
お尻の穴をきゅっと閉じることです。

お尻の穴をきゅっと閉じるだけで、姿勢も良くなり、骨盤矯正に効果があります。

 

育児に家事に忙しいママさんも、ふと思い出した時にすぐできるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ペットボトルストレッチ

このストレッチでは、骨盤矯正と太ももを引き締める効果があります。

 

やり方としては、

①ペットボトルを太ももの付け根に挟みます
②その状態で、ペットボトルがヘコむまで挟みます
③そのまま、10秒程キープし、緩めます

これを繰り返すだけです。

 

ペットボトルはどのご家庭にもありがちなので、手軽に始められますよね。

 

寝ながらストレッチ

このストレッチのやり方は、

①まずは仰向けに寝ます

②そのまま、両膝を立てます
※この時に脚の裏は床につけたまま行って下さい

③両方の膝をつけたまま、まずは両足を右側にゆっくりと息を吐きながら倒します

④息を吸いながらゆっくりと脚を元の位置に戻します

⑥次は左側にも同じように行います

 

テレビを見ながら、寝る前のひと時に、
10セットずつを目安に無理をしない範囲で、行なってくださいね。

 

スポンサードリンク

産後ダイエットをする際のポイントと注意点

原因やストレッチ法も分かったので、
ポイントと注意点も一緒に覚えておいて下さいね。

ポイントは、

・食事を見直す
・軽い運動をする

 

注意点は、

・ストレッチを始める時期

注意点に気をつけて産後ダイエットは行なって下さい。

 

食事を見直す

産後は慣れない子育ての忙しさなどから、
食事が偏ってしまったり、食事の時間が不規則になりがちです。

そうなる事で、太りやすくなってしまいます。

 

バランスの良い食事とは、
五大栄養素と言われている、炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル が含まれている食材をバランスよく摂れている食事の事です。

 

細くバランスを見て食事を作るのは難しいと思いますが、
1日1食80g〜100g程の肉や魚を食べる事だけでも意識してくださいね。

 

また、牛肉は脂質が多いことから太りやすいと思われがちですが、肉類の中でも特に”Lーカルニチン”という脂肪の燃焼促進や、
授乳中のママが摂っておきたい鉄分や亜鉛なども豊富に含まれているので、意識して食べるようにしてみて下さいね。

 

また、間食をしてしまう方は、間食に食べている物も見直してみてください。

間食にスナック菓子やケーキなどを食べてしまう場合、自然の甘みの干し芋や干し柿、
ヨーグルトに変えてみるのも良いです。

スルメやナッツ類など、噛みごたえのあるものも満腹中枢が刺激される事で、
食べすぎを防ぐのでオススメ
ですよ。

 

軽い運動

育児や家事で忙しく、なかなか運動する時間の取れない方もいるとは思います。

 

ですが、妊娠中に下がってしまった筋力から痩せにくい身体になってしまっているので、
赤ちゃんを抱っこして散歩するなとで十分なので、行なってみて下さいね。

 

ストレッチを始める時期

産後1ヶ月〜2ヶ月は、出産で失った体力や、
出産に向けて変化してきた身体を回復する期間として、運動やストレッチは避けましょう。

 

なので、ストレッチを始める時期としては、
産後2ヶ月〜が良いです。

 

産後1ヶ月〜2ヶ月は、骨盤矯正ベルトや、
ガードルを履くなどのケアをしみてくださいね。

 

産後太りで解消したい下半身太りのまとめ

産後下半身が太ってしまう原因は

●骨盤の歪み
●筋力の低下

この2つが大きな要因となって、
下半身太りやO脚を招いていましたよね。

 

骨盤矯正できるオススメストレッチは

●お尻のストレッチ
●ペットボトルストレッチ
●寝ながらストレッチ

どれも簡単に手軽に行えるので、
すぐにでも始められますね。

 

産後ダイエットを行う際のポイントと注意点

ポイントは

●食事を見直し、バランスの良い食事を摂る
●軽い運動をして筋力を高める

注意点は

●産後1ヶ月〜2ヶ月はストレッチや運動は避ける

 

すぐにでも、ダイエットは始めたいところですが、身体の事を一番に考えて、
しっかり休ませてあげて下さい。

 

元に戻ると思っていた脚や腰回りなどの下半身を、産後すぐに戻したいところですが、
身体や体調を考えて産後ダイエットは取り組んで下さいね。

 

産後は、太りやすくなってしまいがちですが、もしかしたら骨盤の歪みは妊娠前からあるのかもしれません。
そんな、骨盤の歪みや癖を治す最大のチャンスです。

 

太ってしまうことは悲しいですが、
このチャンスを活かして、頑張ってみてくださいね。

スポンサードリンク