人生において大イベントである出産を終えたお母さん達。

 

産後は出産によって、骨盤が開いてしまって、骨盤底筋が緩んでしまい、尿漏れや頻尿、直腸脱によるポッコリお腹になってしまいます。

 

ですが、

骨盤をしっかり整えることによって、それらの症状を解消することが出来るんです。

 

そこで今回は、骨盤矯正を簡単にできるストレッチの方法やいつから行っていいのかなど、詳しく説明していきますね♪

 

スポンサードリンク

骨盤矯正の必要性と始めるタイミング

ここでは骨盤矯正がいかに必要で、いつからいつまでにするべきかを述べていきます♫

ただし、産後の体調の回復には個人差がありますので、参考として見てくださいね!

 

産前産後の骨盤はどうなるの?

骨盤は妊娠中から出産に至る間に少しずつ開いてきますよね。
特に、出産時は骨盤の下側の恥骨結合という部分が開いてくることによって赤ちゃんが産道を通れるようになるんです。

 

実際私が出産した時はペンギンのように足を上げずにしか歩けなくて、歩く度にコキコキと骨盤が鳴っていて恐ろしかったのを覚えています。

 

しかし、

骨盤というのは産後自然に閉じるそうです!びっくり驚きですよね(゜o゜;

 

骨盤の歪みの原因は、骨盤を支える筋肉に負荷がかかったからなのです!

 

今まで大きくなった子宮や骨盤を一生懸命支えてきた筋肉が、
産後の授乳姿勢やお母さんの普段の姿勢(足を組むなど)によって、左右バランスよく回復できずに歪んでしまうことで、骨盤の歪みが生じるのです(・・;)

 

更には、産後6ヶ月以内に骨盤矯正をしないと中々戻りにくいと言うのです!
下半身ぽっちゃり。なんて嫌ですよね(*_*)

 

産後の骨盤矯正はいつから

産後に伸び切ってしまった筋肉と歪んでしまった骨盤。
戻すには産後6ヶ月以内に骨盤矯正しないといけない。

 

という事は、

すぐにでも骨盤矯正は始めるべき!ということになります。
私は産院で産後すぐに看護師さんが腹帯を思いっきり締めていました(^o^;

 

腹帯は、悪露を出しやすくする他に骨盤周りの負担がかかった筋肉を支える役割も担っていたのです!
市販されている骨盤ベルトなどがその役割になりますね♫

 

ですがそれだけでは歪みというのはしっかり治ることは難しいですよね?

 

だからこそ骨盤矯正のストレッチをすることにより、腰痛などの産後のトラブルを回避することが大事なんです!

 

ではどのくらいストレッチに効果があるのか、ご説明しますね!

 

骨盤矯正ストレッチの効果とは

先程も述べたように、妊娠、出産によって負荷がかかった筋肉、歪んだ骨盤を矯正するストレッチの必要性とどのような効果があるのでしょうか?

 

産後の尿漏れを防ぐ!

実は尿漏れに悩むお母さん方もいることをご存知でしょうか?

 

膀胱に尿を溜めて置けるのは骨盤底筋(こつばんていきん)という筋肉のお陰なのです。

 

しかし、出産時に骨盤が開くことによって骨盤底筋は伸びてしまい、放っておくと伸びたままの状態になり、膀胱に溜めておく筋力がなくなってしまうんです!

 

ですが、ストレッチで筋肉を鍛えることにより、尿漏れを予防できるんですね(^^)v

 

骨盤の歪み、腰痛を防ぐ!

産後の悩みに一番多いのは骨盤の歪みと腰痛ではないでしょうか?

 

私は授乳する姿勢が猫背になり、骨盤が前に開いた状態で一日に何度も授乳していたので立ち上がったり、立ちっぱなしの時は左脚ばかり重心がきて、さらに腰痛が酷かったんですよね(*_*)

 

しかしストレッチをすることにより骨盤周りの筋肉を鍛えると左右のバランスが整えられ、腰痛が緩和できるのです!

 

股関節を柔軟にして骨盤の可動域を広げる!

骨盤は開いてもまた閉じるという事は先程も述べましたよね。

 

ですが、股関節はどうでしょうか
妊娠中、骨盤が開きやすいようあぐらをかいて座りましょうと、産院で教えられたのではないでしょうか。

 

しかし、産後になると開いた骨盤が閉じますが、伸び切った筋肉は元通りにならず、その影響で股関節も硬くなってしまい、結果的に股関節痛になってしまうのです。

 

以上、ストレッチの必要性と得られる効果についてお伝えしました(^o^)

 

では、ストレッチの方法はどうすればいいのでしょうか?

 

次は自宅でも気軽にできる骨盤矯正ストレッチの方法についてお教えします♫

 

スポンサードリンク

自宅で骨盤矯正ストレッチ!その方法を詳しく

骨盤矯正と言っても整体や整骨院に行かないと駄目なんでしょう?と思っておられるお母さん方も多いと思います。

時間もかかるしお金の面も、、。

 

安心してください!自宅でも気軽に行えるストレッチで骨盤矯正ができるのです。
こちらでは簡単なストレッチの方法をご紹介します!

 

骨盤底筋のストレッチ

最初は尿漏れを防ぐための骨盤底筋のストレッチ方法です♫

①仰向けになり、足の裏を床につけ、肩幅に開いて膝を曲げます。

②身体全体の力を抜きながら、お尻の穴を締めるように意識します。

③②をキープしたまま、ゆっくり5秒キープして、緩めます。
これを5回繰り返します。

骨盤底筋を鍛えるだけでなく、腰痛の時にしてみると結構気持ちいいんですよね(^^)/

 

それでは次のストレッチに参りましょう♫

 

腰痛改善!骨盤周りのストレッチ

次は腰痛に効く骨盤周りのストレッチです。
実効性があるのでおすすめですよ♫

①先程と同じく仰向けに寝ます。

②両手を開くように横に置きます。(大の字と同じ手の位置です)

③右の太ももを上げ、左の太ももをまたいで左に倒す。
※この時に右太ももと左太ももが垂直になっていると効果的です♫
でも、無理はしないでくださいね!

④左手で右太ももを床に近づけて、腰をひねるように30秒キープします。

⑤キープし終えたら、ゆっくり身体を戻しましょう。
反対も同じく行ってください。

私は毎日行ってますが、姿勢が悪いからかボキボキなってます(^o^;

 

寝る前にお布団に仰向けになって行うと忘れずに行なうことができますよ!

 

それでは最後ストレッチに参りましょう♫

 

股関節を柔軟にするストレッチ

最後は股関節を柔らかくするストレッチです。
股関節は硬いと怪我につながるのでしっかりストレッチを行うといいですよ♫

①足を肩幅に開いて、両手を腰に当てます。

②次に、時計回りに10回腰を回します。
※ポイントとして、腰が前に来ているときに息を吸って、後ろのときに思い切り吐くと、腹筋も鍛えられますよ♫

③最後に、半時計回りに10回腰を回します。

こちらの1セットを1日2〜3セットするのがオススメです♫
歯を磨いてる時などに行うといいですね(^^♪

 

以上がストレッチの方法についてご説明しました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
産後の骨盤矯正について少しでもお分かりいただけたでしょうか?

 

骨盤矯正、ストレッチを行うことは産後の尿漏れや腰痛、股関節痛を予防する事が出来るんです!

 

産後は本当に育児に大変で自分のことに手が回らなかったりすると思いますが、ちょっとした時間に行えるストレッチであれば継続して行うことができますよね♫

 

ただし、無理は禁物ですよ!
身体に負担をかけない程度にストレッチを行うようにしましょう♫

 

ストレッチの際は深呼吸をお忘れなく(^o^)
深呼吸することによってスッと肩が軽くなりますよ☆

 

私も改めてストレッチの大切さに気づいたので、毎日欠かさずストレッチを行うよう心掛けていきます(^^)/

 

あなたも妊娠前と変わらない体型を維持できるよう、骨盤矯正ストレッチを行って、産後起こりうる身体のトラブルを回避しちゃいましょう♫

 

それでは!

スポンサードリンク