産後は”骨盤の歪み”から、下半身太りやO脚、腰痛、むくみ、便秘など、
沢山の産後の身体のトラブルで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

私も産後の下半身太りとむくみなどにとても悩まされていました。
産後は元に戻ると思っていたのに、まったく戻らない。

それは、とても悲しいですよね。

 

まずは、原因を知ることで歪んでしまった骨盤も、元に戻すことができますよ。

 

なので、今回は骨盤の歪みの原因や、症状、お家で行えるストレッチ方法をご紹介していきますね。

 

スポンサードリンク

骨盤はなんで歪んでしまうのか

身体のトラブルの元のなっている”骨盤”。

 

妊娠を機にに骨盤が歪んでしまうという事はよく聞くけど、原因はよく分からない。

そんな声を私もよく耳にします。

 

なので、まずは原因を知っていただくために

*妊娠中に分泌されるホルモン
*毎日の生活での癖

この2つを詳しくご説明しますね。

 

妊娠中に分泌されるホルモン

骨盤は、妊娠していても、していなくても毎日開閉していますが、
妊娠中には、赤ちゃんが産道を通ってこられるように”リラキシン”というホルモンが分泌されます。

この”リラキシン”には、骨盤を支える靭帯を緩め、骨盤を開きやすくする作用があるんです。

 

妊娠中に開いた骨盤は、産後3カ月〜4カ月かけて徐々に戻っていきます。

 

しかし、妊娠中は運動する機会が減ったり家でじっと過ごす時間が長くなったりと、
筋力が低下することで、骨盤の戻りは悪くなってしまいます。

 

毎日の生活での癖

開いてしまった骨盤がなかなか元に戻らない間に、毎日の生活の中でのちょっとした癖で、骨盤が歪んでしまいます。

 

たとえば、

・片足に重心をかけてしまう
・片方の肩、腕ででよく荷物を持っている
・足を組んで座ってしまう
・あぐらをかいて授乳している

など、まだまだたくさんの癖が、
骨盤を歪ませてしまっているのです。

 

骨盤の歪みから現れる症状とは

骨盤が歪んでしまうことから、身体のトラブルを引き起こします。

・むくみ
・下半身太り
・O脚
・腰痛

など、まだ他にも様々なトラブルがありますが、今回はこの4つに注目してご説明しますね。

 

むくみ

骨盤が歪んでいる事で、骨盤周りの筋肉が引っ張られ、負担がかかります。
負担に耐える筋肉は、硬くなってしまい、血行が悪くなってしまいます。

 

血液の流れ、リンパの流れが悪いと血行不良となってしまい、水分や塩分が溜まりやすくなり、むくみやすくなってしまうのです。

 

下半身太り

骨盤の歪みから骨盤内の血管が圧迫され、血液循環が悪化します。

血液循環の悪化は下半身の冷えを起こし、代謝の低下やセルライトの蓄積から、
下半身に余分な脂肪が付きやすく太ってしまいます。

 

O脚

骨盤の歪みで、左右の股関節がずれてしまい、大腿骨(だいたいこつ)も外側にねじれてしまうことで膝や足首も一緒にねじれてしまい、O脚になってしまうのです。

 

腰痛

骨盤周りの筋肉に過度な負担がかかることから、関節部分や筋肉に痛みを感じるようになります。

例えば、骨盤が前や後ろに倒れているとその上に乗っている背骨は、身体が倒れないようにバランスを取ろうとします。

 

その結果、土台である腰に負担がかかり腰痛となってしまいます。

 

スポンサードリンク

産後の骨盤矯正ストレッチとは?

さて、骨盤が歪んでしまう原因も症状も分かったところで、
お家でもできる骨盤矯正ストレッチをご紹介していきますね。

*骨盤回し
*膝寄せストレッチ
*骨盤組み直しストレッチ
*簡単骨盤ストレッチ

特にオススメなこの4つのストレッチ。
どれも簡単にできるので、すぐにでも試してみてくださいね。

 

骨盤回し

フラフープの要領で腰を回すストレッチです。

 

骨盤が歪んでいるとスムーズに回らないので、まずは骨盤が歪んでいるのかチェックしてみて下さいね。

〜やり方〜

①つま先をまっすぐ前に向けて、腰に手をあてて、両足を肩幅に広げて立ちます
②まっすぐ前を向き、上半身は固定したまま右方向に腰を30回回します
③次は、反対に左回りで30回回します

 

膝寄せストレッチ

骨盤周りの筋肉のバランスを整えるストレッチです。

〜やり方〜

①仰向けに寝た状態で、息を吐きながら片方のひざを曲げて胸の方に引き寄せます
②息を吐ききり、ひざが胸についたら息を吸いながらひざを元に戻します
③反対側も同様に行なってください

ゆっくり身体の動きに合わせながら深呼吸をしてくださいね。

 

骨盤組み直しストレッチ

股関節を回して柔軟にし、骨盤の左右の差を無くすストレッチです。

〜やり方〜

①仰向けに寝て、両手をお腹の上に置きます
②両足を少し浮かせ、片足を空中で自転車を漕ぐようにゆっくり20回ほど回します
③反対の足も同様に行ってください

膝寄せストレッチと合わせて行なうことで、更に高い効果を期待できますよ。

 

簡単骨盤ストレッチ

骨盤の活動域を広げるストレッチです。

〜やり方〜

①両足を伸ばして仰向けに寝ます
②片足の膝を曲げて、足の裏を床につけます
③曲げた足を外側にパタンと倒し、5秒間キープします
④ゆっくり元の位置に戻します
⑤左右交互に3〜5回行います

 

 

骨盤矯正ストレッチを行う際の注意点

骨盤矯正ストレッチは、行なってはいけない時期がある事を覚えておいてください。

*ストレッチを避けたい時期

この注意点だけ気をつけて行なって下さいね。

 

ストレッチを避けたい時期

産後1ヶ月〜2ヶ月は、出産で失った体力や、
出産に向けて変化してきた身体が回復する期間として、ストレッチや運動は避けてください。

 

なので、産後2カ月〜からストレッチは行なって下さいね。

 

ちなみに、産後1ヶ月〜2ヶ月は骨盤矯正ベルトや、ガードルを履くなどのケアをしみてくださいね。

 

骨盤が歪んでしまう原因や症状とストレッチのまとめ

骨盤が歪んでしまう原因は

■妊娠中に分泌されるホルモン
■毎日の生活での癖

から、歪んでしまうんでしたよね。

 

骨盤の歪みから現れる症状とは

■むくみ
■下半身太り
■O脚
■腰痛

歪みから様々な身体のトラブルへ繋がってしまいます。

 

ストレッチを行う際の注意点とは

■産後1カ月〜2カ月はストレッチを避け、2カ月〜から始める

 

オススメの骨盤ストレッチは

■骨盤回し
■膝寄せストレッチ
■骨盤組み直しストレッチ
■簡単骨盤ストレッチ

 

どれも簡単に行えるストレッチなので、ぜひ試してみてくださいね。

 

整体や接骨院で骨盤矯正の施術を受けるのも1つの手ですが、子育てや家事の忙しい毎日で行ける時間も限られてしまいますよね。

 

赤ちゃんのお世話をしながらでも気軽にできるストレッチ方法はたくさんあります。

生活に取り入れられるお家でのストレッチで骨盤矯正を1日10分でも無理のない範囲で行なってみてくださいね。

 

ただし、効果を実感するには時間がかかります。
焦らずゆっくりと長い間をみて取り組んでみてください。

スポンサードリンク