妊娠中からお腹が大きくなるにつれて、体重増加に悩むお母さん方が多いのではないでしょうか?

 

しかし、体重は出産後自然と減少していくことが多いんです。

 

また、産後すぐから産後ダイエットを始めて、元の体重や体型に戻そうと頑張っているお母さん方が多いですよね。

 

それでも体重が減らず、産後太りしてしまうお母さん方にはどのような原因があるのでしょうか?

 

今回は、産後ダイエットを失敗してしまう原因と成功させるための心構えについてご説明しますね♫

 

スポンサードリンク

産後ダイエット失敗してしまう原因について詳しく

ここでは、一生懸命産後ダイエットを行っているにも関わらず、体重が減らなかったり、体型が戻らず、産後太りしてしまう原因についてご説明します。

 

育児のストレスで過食になっている

産後は一息つく暇がないくらい育児に追われる日々が続きます。

 

赤ちゃんのお世話や家事の疲れがストレスとなって、暴飲暴食につながる場合があります。

 

そうすると、産後ダイエットどころではなく、産後太りになってしまうことも(*_*)

 

私も子どもが少し大きくなってきた頃から育児の疲れが出たのか、ついつい過食気味になってしまい、せっかく産後ダイエットしたのに、体重が増加してしまったんです。

 

どうしても、育児にはストレスがつきものなので、産後ダイエットを効果的にするために、このストレスとうまく付き合っていく必要があるんです。

 

ストレス解消法としては、赤ちゃんと一緒に散歩することにより、母子ともにストレス解消になりますよ♫

 

また、身体を動かすことで、カロリー消化になり、産後ダイエットに最適です。

 

育児で疲れているからと、家の中でゴロゴロしている生活を繰り返していては、妊娠前の体型に戻ることは出来ないんです。

 

食事のバランスが偏っている

先程も述べたように、子育てに家事にと忙しい毎日で普段の食生活が、冷凍食品やインスタント商品、菓子パンなど手軽に食べられるもので済ませてしまうことが増えているのではないでしょうか?

 

その手軽に食べられるも高カロリーな食品がとても多いんです!

 

また、インスタント食品は塩分も高く浮腫みの元になり、体重増加に繋がります。

 

ですので、手軽に食べられるものを低カロリーの納豆や豆腐、ゼリーやはるさめスープなどに置き換えると良いですよ♫

 

更に、納豆には整腸作用があり、豆腐は低カロリーでお腹にたまりやすくダイエットにも効果があるので一石二鳥ですね。

 

ですが、産後ダイエットしなければと低カロリーのものばかりになり、逆にストレスになる場合もありますので、たまに自分へのご褒美として高カロリーのものを食べるのも良いでしょう♫

 

以上が、産後ダイエットで失敗しがちな原因をご紹介しました。

 

では、産後ダイエットを成功させるためにはどのような心構えでいたらいいのでしょうか?

 

次は産後ダイエットの心構えについてご紹介しますね(^o^)

 

スポンサードリンク

産後ダイエットの心構え5選

 

それでは、産後ダイエットをする時の心構えを5つ程、紹介したいと思います!

産後6ヶ月までに産後ダイエットを始める

産後最も体型が元に戻りやすいのは、産後6ヶ月くらいまでと言われているんですよ。

 

妊娠、出産によって骨盤が開いたり、身体に変化があったのが、産後からの約6ヶ月間で自然と元に戻っていくんです!

 

なので、この6ヶ月間に体型を取り戻すために産後ダイエットを始めると、体型もスムーズに戻すことができ、結果的に体重も減り、産後ダイエットの成功に繋がるんです。

 

とはいえ、出産を終えたばかりのお母さんの身体というのは、ホルモンのバランスも乱れ、精神的にも不安定になりがちになります。

 

更には、慣れない育児にストレスをためてしまうこともあるでしょう(*_*)

 

なので、産後すぐから始めるのではなく、ゆっくりと身体を休めて、心も身体も余裕が出来てから、少しずつ始めることが重要です。

 

嗜好品類(しこうひんるい)は極力控える

先程も述べたように、育児に忙しいからと、手早く済ませることのできる、高カロリーな食事は控えましょう。

 

産後は自由に買い物に出かけたりが難しくなるため、おむつなどの日用品や食材も買いだめしておくことが多いでしょう。

 

ですが、買いだめは便利な半面、家でじっとしてることが多くなり、運動不足の原因にもなります。

 

なので、出来る限り買いだめは少なくし、小まめに買い物をするようにしましょう。

 

特に気をつけたいのが、甘いお菓子やジュースなどです。

 

育児のストレスなどは、お菓子や甘いものを食べることで、ストレス解消にもなるので、一切食べないということまではしなくてもいいですが、乳腺炎になったりと母乳育児のトラブルになりやすいので、買いだめするのは辞めましょう!

 

家にいると、どうしてもお腹が減っていなくても口がさみしくて、ついつい何か口に入れていたいという事が多くなってしまいますよね。

 

そんな時は甘い物や食べ物を口に入れるのではなく、水分をとってごまかすと良いでしょう。

 

お茶やお水が一番良いですが、コーヒーなども沢山飲まなければ良いですし、最近ではノンカフェインの物も販売されているためオススメです♫

 

更に、ダイエットを意識しているのであればコーヒーなどは、砂糖やミルクは入れずに飲むようにしましょう。

 

授乳中は母乳を与えることで自分の水分も母乳にいってしまうので、水分摂取はとても大事なんです。

 

ダイエット中は食べる量も減らしているので、水分が更に減り便秘になりやすくなります。

 

また、ジュースが飲みたくなったら、100%のものや酸味が多いものを選び、むくみ対策としてグレープフルーツジュースにすると良いでしょう(^o^)

 

一日一度は外に出て気分転換をする

産後ダイエットを続けていく上で重要なのはストレスをためないことです。

 

体重が増えてしまう原因には、食べる量が多いこと以外にもストレスなどの原因があるんですよ。

 

産後は慣れない育児で外にも出れずストレスをためやすいので、楽しくダイエットを続けていくためにも、一日に一度は外に出て気分転換をすると良いでしょう♫

 

また、赤ちゃんが小さく中々外に出れないときは、晴れて暖かい日だけでも、ベランダに出て外の風に当たるだけでもストレス解消になります♫

 

骨盤ベルトで身体への負担を減らす

腰痛や骨盤付近が痛むときに幾ら運動をしても悪循環となり、怪我をする可能性もあり、そうすると産後ダイエットは続きません。

 

勿論、産後すぐの運動は控えるべきですが、骨盤ベルトであれば産後すぐでも着用できるため、産後ダイエットの基本として覚えておきましょう♫

 

 

ただし、帝王切開で出産したお母さん方は、傷口が痛むためすぐに着用できない可能性もありますので、産院の指示に従いましょう。

 

また、骨盤ベルトはあくまでも骨盤やその周りの筋肉を支えるためだけのものなので、骨盤ベルトを付けたからといって筋肉が鍛えられるわけではありません。

 

産後落ち着いてから運動を取り入れることで産後ダイエットの成功につながるんですよ(^o^)

 

無理しない程度に運動する

産後、開いた骨盤は自然に戻っていきますが、普段の姿勢や授乳をするときの姿勢が悪いとうまく戻ることが出来ず、骨盤の歪みに繋がってしまいます。

 

また、家の中に籠りがちになるため筋力も低下し、腰痛などを引き起こす原因にもなります。

 

ですので、産後ダイエットだけでなく、腰痛などを予防するためにも家の中で身体を動かしましょう♫

 

ただし、産後すぐからではなく、悪露が落ち着いたころを目安に始めると良いですよ(^^)/

 

ここでは、産後ダイエットに繋がる骨盤の歪みを治したり、腰痛予防のための運動についてご紹介しますね。

 

産褥体操を行う

こちらは産後、特に異常が無い場合は、産後すぐからでも始められるストレッチになります。

 

ですが、産院によっては悪露落ち着いてからなど、医師によって始めるタイミングは違ってきますので、あくまで医師の判断を仰いでから始めるといいですよ(^^

 

産褥体操を行うと、血液の流れが良くなるため、身体を妊娠前に戻す効果があるんですよ。

 

初めは、足首の曲げ伸ばしや首の曲げ伸ばしなど、軽いストレッチから徐々に行っていくため、身体への負担も少なく、今後のストレッチの習慣づけにも繋がるためオススメです♫

 

インスパイリング・エクササイズを行う

産褥体操に慣れてきたら、こちらのエクササイズを行ってみましょう♫

 

この体操は、骨盤の歪みを正したり、インナーマッスルを鍛えるのに効果的です。

 

有名な女優さんが行っていたことがきっかけとなり、広まったストレッチ法です。

 

特別な器具は要らないですし、狭い場所で行うことが出来るため、誰でも気軽にはじめられますよ。

 

また、インスパイリング・エクササイズの効果は姿勢が良くなったり、基礎代謝が上がり痩せやすい身体になり、冷えや浮腫みの解消にも効果的なんです!

 

骨盤の歪みが解消されることでお尻が小さくなったりするんですよ(^^♪

 

赤ちゃんと遊びながら運動を取り入れる

産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、身体を動かすことに専念できないお母さん方も多いでしょう。

 

そういう時は、赤ちゃんと遊びながらでも運動が出来るんですよ!

 

赤ちゃんと遊びながら出来るため、飽きることもないですし、赤ちゃんも喜んでくれるでしょう(^^♪

 

私は赤ちゃんが首すわりができるようになった頃に、お腹の上に乗せて膝を立て、落ちないように脚と手で支えた状態で、腹筋をしていました!

 

いないいないばあの要領で行うと赤ちゃんも面白いのか喜んでくれましたし、楽しかったのでオススメです☆

 

また、赤ちゃんを抱っこしながらスクワットをすることで足やせや骨盤周りを鍛えるのにも良いですし、赤ちゃんも心地良い揺れで寝てくれたりしますよ(^o^)

 

こうした普段の赤ちゃんのお世話のなかでも、身体を動かす方法が沢山あるんです。

 

赤ちゃんをあやす時のちょっとした動作を少しオーバーに身体を動かしてみるだけでも良い運動になるので是非行ってみてください♫

 

以上が、産後ダイエットを成功させるための心構え5選をご紹介しました。

 

どれも普段の生活にほんの少し取り入れるだけなので、無理なく続けられますよね(^^)/

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

産後はどうしても忙しくなり、自分のことは後回しになってしまい、気づいて産後ダイエットを始めた頃には中々体重が減らないなんてこともありますよね。

 

ですが、少し意識するだけでも産後6ヶ月間というのは痩せやすい時期ですので、食生活に気をつけて、気晴らしに外に出たり、骨盤ベルトを活用して運動するよう心構えをしておけば、産後ダイエットへの成功の近道になるんですよ!

 

ストレス発散にも産後ダイエットはおすすめですので、みなさんも是非行ってみてくださいね。

 

それでは!

スポンサードリンク