産後は、変わってしまった体型やたるんでいるお腹がとても気になりますよね。

 

仕方ないこととは言え、1日でもはやく元に戻したいところだと思います。

 

しかし、産後のママは育児に家事に、とても忙しい毎日ですよね。

 

私も、産後のたるんだお腹がとても嫌でしたが、実際のところはケアする時間も取れず、いつまでもたるんだままだったんです。

 

今回は、そんな悩みを抱えているママのためにも!

 

産後の体型戻しに効果的なアイテムとしてとても人気がある商品の、「産後ニッパー」をご紹介していきます。

 

産後ニッパーの使用時期や、疑問もお答えしていきます。

 

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサードリンク

産後にお腹がたるんでしまう原因とは

まずは、産後にお腹がたるんでしまう原因を知りましょう。

 

産後にお腹がたるんでしまう原因は

○骨盤の開きや歪み
○子宮の収縮
○伸びた皮膚
○緩んだ腹筋
○筋力の低下

5つの原因を詳しくご説明しますね。

 

骨盤の開きや歪み

骨盤は妊娠している、していないに限らず毎日開閉しています。

 

しかし、

妊娠中は特に”リラキシン”というホルモンが分泌されることで、骨盤周りの筋肉や靭帯が緩んでしまい骨盤が開いていきます。

 

骨盤が開いてしまえば、毎日の生活の中でのちょっとした癖、

たとえば、偏った姿勢をとっていたり、片方の肩ばかりで鞄をもっていたり、足を組んで座る事で、骨盤は歪んでいってしまいます。

 

骨盤が歪んでしまえば、骨盤周りには余分な脂肪が付きやすくなり、お腹のたるみの原因となってきます。

 

子宮の収縮

妊娠中、子宮内の赤ちゃんは大きく成長していきます。

 

それにあわせて、元は鶏卵程の大きさだった子宮が約5倍の大きさになるんです。

 

約10カ月かけて、約5倍の大きさになった子宮の重さは約1kgにもなるんです。

出産後、子宮は元の大きさに戻っていきますが、戻りきるまではお腹がたるんでしまうのです。

 

伸びた皮膚

妊娠中、赤ちゃんはどんどん成長し、それに合わせて、お腹周りの皮膚も伸びてお腹が大きくなります。

 

出産後、お腹の大きさは元に戻りますがお腹の伸びてしまった皮膚は戻らず、お腹のたるみの原因となります。

 

緩んだ腹筋

腹筋が緩んでしまうと、骨盤が後傾してしまい、お腹のたるみとなってしまいます。

 

腹筋が鍛えられていると、正しい姿勢をキープできるのでお腹もすっきりします。

 

筋力の低下

妊娠中は活動量が減り、特におなかに力が入るようなことはなるべく避けますよね。

そうすることで腹筋はもちろん体を中から支える筋力も低下してしまいます。

 

妊娠でおなかの皮膚や組織が伸ばされることに加え、筋力が低下することでハリがなくなりたるみやすくなってしまうのです。

 

産後ニッパーはいつからいつまでつけるの?

 

産後にお腹がたるんでしまう原因はたくさんありましたよね。

 

まずは、手軽に始められる産後ニッパーで、お腹のたるみの原因にもなっていた骨盤をケアしていきましょうね。

 

そんな、産後ニッパーの使用時期は、

○産後1〜2週間後
○産後6ヶ月〜1年

この、2点でご説明していきますね。

 

産後1〜2週間後

骨盤を元に戻す目的の産後ニッパーは、出産直後から使用できます。

 

なので、産後1~2週間後からの使用がおすすめです。

 

もちろん、産後なので体調を見ながら使用し、気分が悪くなったり苦しいと感じるときには使用を控えて下さい。

 

産後6ヶ月〜1年

産後6ヶ月以降は、骨盤周辺の靭帯や関節が固くなってしまうことから、効果を得るには一層時間がかかるとゆわれています。

 

なので、骨盤が閉じていく産後6ヶ月頃〜1年まで、産後ニッパーを付けている方が多いようです。

 

産後ニッパーを使用するのは、産後すぐから付け始めて、半年〜1年までが良いようですね。

 

スポンサードリンク

産後ニッパー着用の注意点とは

効果や使用時期も分かったので、すぐにでも産後ニッパーを買いに行こう!と思いますよね。

 

ですが、注意していただきたいこともあります。

 

最後に、注意点を把握してから産後ニッパーを使い出しましょう。

 

産後ニッパー着用の注意点は、

○子宮が元に戻ってから
○締め付け過ぎない
○付け方の確認

この3点は注意しましょう。

 

子宮が元に戻ってから

子宮が元に戻る前に、産後ニッパーで締め付けてしまうと子宮や骨盤に負担がかかってしまい、子宮脱や肛門脱を起こしてしまう可能性があります。

また、骨盤を更に歪めてしまう可能性もあるので、産後ニッパーは子宮が元に戻ってから着けるようにしましょう。

 

締め付け過ぎない

きついと、感じるほど強く締めると骨盤が早く元に戻ると思われがちですが、それは大間違いです。

 

きついと感じるほど締め付けてしまえば、血行不良になり逆効果になってしまうのです。

 

付け方の確認

自分の体調や体型に合わせて調節できるので、毎回確認しながらきちんとした使い方をする事で、効果を最大限に引き出すことができます。

 

産後ニッパーの使い方や注意点まとめ

産後にお腹がたるんでしまう原因は

●骨盤の開きや歪み
●子宮の収縮
●伸びた皮膚
●緩んだ腹筋
●筋力の低下

お腹がたるんでしまう原因はたくさんありましたね。

 

産後ニッパーの使用時期は

●産後1〜2週間後
●産後6ヶ月〜1年

産後すぐから使用できるのが嬉しいですよね。

 

産後ニッパー着用の注意点とは

●子宮が元に戻ってから
●締め付け過ぎない
●付け方の確認

正しい着け方で効率よく効果をだしましょう。

 

出産の疲れや、産後の忙しさから、
体型戻しのことまで気が回らなかったり、時間をつくれなかったりすると思いますが、
産後ニッパーの着用は時間を取ることもなく、
手軽に行えるので嬉しいですよね。

 

また、体の調子のよいときはストレッチなどをおこなうことで、子宮の回復を促したりできますよ。

 

まず、初めは自分に合ったリフォームインナーを正しく身につけることから始めるのがよいですね。

 

骨盤が元に戻れば、今から悩んでいる体トラブルも回復するかもしれません。

 

また、普段から姿勢を気にして骨盤が歪まないように心がけることもできますよね。

 

骨盤が歪んでいなければ、姿勢も綺麗になり、自然と立ち居振る舞いも美しく見えます。

 

産後に骨盤矯正をしっかりしておくと、体にはメリットがたくさんです。

 

長い時間をかけてゆっくり、自分に合ったペースで回復をめざしましょう。

スポンサードリンク