出産を機に、ママの体型は大きく変わってしまいますよね。

無事に赤ちゃんは産まれてきてくれたのに、お腹はぽっこりでていたり、たるんでしまったり。

 

私も、産後は元に戻ると思っていたのに、一向に戻らないお腹に嫌気がさしていました(;_;)

 

今回は、私と同じように悩んでいるママの為に、産後ニッパーでの骨盤ケアをご紹介します!

産後のママは育児に家事にと、毎日とても忙しく、骨盤ストレッチなどをする時間も取れない方も多いと思います。

 

そんな時、ただ着けているだけで、骨盤ケアできる産後ニッパーはとても嬉しいですよね。

 

いざ、産後ニッパーを買おう!と、思っても、どれを買ったら良いのかや、効果もいまいち分からない方もいると思うので、そのあたりも詳しくお話していこうと思います^_^

 

スポンサードリンク

産後の骨盤の歪みで起こるトラブルとは

産後ニッパーは必要なの?そう思うママさんも少なくはないと思います。

 

ですが、女性の体は出産を機に骨盤が開き歪んでしまう事で、様々な体トラブルが起きてしまうんです

産後ニッパーの必要性を知っていただくためにも、骨盤の歪みから起こるトラブルをお話ししていきます。

 

産後の骨盤の歪みから起こるトラブルとは、

□お尻が大きくなる
□ぽっこりお腹
□腰痛
□むくみ
□便秘

こんなにもあるんです!

 

お尻が大きくなる

骨盤が開き歪んだままでいることで、歪んだ骨盤周りに脂肪が溜まりやすく、
お尻の横に脂肪がつきやすくなるので、お尻が大きくなってしまいます。

 

ぽっこりお腹

内臓は、骨盤や骨盤の底の筋肉で支えられているので、通常の位置にあります。

 

しかし、骨盤が歪んでしまえば、骨盤の底に位置している筋肉も緩んでしまい、内臓が支えられなくなり、通常の位置よりも下がってしまうのです。

 

下がってしまった内臓が原因となり、ぽっこりお腹となるんです。

 

腰痛

骨盤が歪んでしまうと、背骨も曲がってしまいます。

背骨が曲がると、筋肉に負担がかかるようになり、腰痛の原因となってしまうのです。

 

むくみ

骨盤が歪むと、骨盤周りの筋肉に通常以上に負担がかかってしまうので、硬く縮こまってしまいます。

硬く縮こまってしまうことで、血行不良となり、水分や塩分が体に溜まりやすくなってしまい、むくみやすくなってしまいます。

 

便秘

先程もお話ししたように、骨盤が歪むと内臓下垂になってしまうんでしたよね。

そのため、内臓がしっかり働けずになってしまい、腸のぜん動運動も妨げられてしまうことで、排泄機能が低下、便秘になってしまうんです。

 

産後ニッパーの種類は?

産後ニッパーと言われるものには、2種類あります。

□産褥(さんじょく)ニッパー
□ウエストニッパー

この2種類です。

1つづつ、ご紹介するので、どちらを購入するべきか検討してみてくださいね。

 

産褥ニッパー

産褥ニッパーとは、広がってしまった骨盤を元に戻し、子宮の回復を助ける効果を期待できます。

骨盤周りを優しく引き締めるので、就寝中でもつけることができます。

また、入院準備品に含んでいる病院もあるようです。

 

ウエストニッパー

骨盤を矯正し、ウエスト周りやお尻のたるみなど、皮下脂肪を引き締める効果が期待できます。

ウエスト周りを強めに締め付けるのが特徴なので、産後2週間後頃から使用できます。

産褥ニッパーよりも、広い範囲を引き締め、体型戻し効果が期待できます。

 

スポンサードリンク

産後ニッパーの効果的な使い方

せっかく産後ニッパーを使用して骨盤ケアを初めても、正しく効果的に使わなければ意味がありませんよね。

産後ニッパーが無意味にならない為にも、覚えておきましょう。

 

産後ニッパーの正しい効果的な使い方とは、

□サイズ選び
□付け方
□強く締め過ぎない

この3点に、注意して使用しましょう。この3点について詳しく説明していきますね!

 

サイズ選び

産褥ニッパーもウエストニッパーも、サイズ選びがとても重要です。

産後ニッパーを購入する方は、妊娠前のサイズで選ぶのはやめましょう。

 

産後すぐは、体重も元に戻らず、お腹周りも妊娠前とは全然違いますよね。

妊娠前のサイズを使ってしまえば、締め過ぎの原因になりますし、体にとっては逆効果になってしまいます。

 

産後にサイズを測って、正しいサイズで購入する事が一番良いです。

ですが、産後はなかなか忙しく、試着したりサイズを測って購入できない!

 

そんなママも居ると思うのと、出産前に産後の準備をしておきたい方は、

・妊娠中の体重の増加が10kg未満→妊娠前と同じサイズ

・体重の増加が10kg以上→1つ上のサイズ

上記を基準に選んで頂ければよいとおもいます。

 

付け方

正しく付けれていなければ、産後ニッパーの効果を発揮できなければ、また逆効果となってしまいます。

①ウエストにニッパーを合わせます

②下のパネルを締める時は下からすくい上げます
※ウエストニッパーを使用する場合は、中心の部分をウエストの最も細い所に合わせて着用しましょう。

 

使い始めのうちはずれない程度に締めるだけで大丈夫です。

少しづつ慣れてきたら締め付けを強くしていきましょうね。産後ニッパーにも種類がありましたよね。

 

また、メーカーによっても異なる場合があります。

各々の使用時期に合わせて使いわけてください。

 

強く締め過ぎない

産褥ニッパーやウエストニッパーでも、同じ事ですが、強く締め過ぎない事がとても重要です。

特に、ウェストニッパーは、名前の通りウェストを締めつけるインナーとされているので、より、注意が必要です。

 

強く締める事で、戻りが早くなりそう!お腹が引っ込みそう!
そう思われがちですがそれは、まったくの逆効果なんです。

 

子宮が戻りきらないうちに、強く締め過ぎてしまうと、子宮や骨盤周りが必要以上に圧迫され、骨盤の歪みや子宮脱に繋がってしまう可能性があるんです。

 

また、強く締めすぎることで、血行の流れが滞りやすくなり、血行不良から腰痛や、基礎代謝の低下など、様々なトラブルを引き起こします。

 

せっかく産後ニッパーを使用していても、付けていることで、骨盤が歪んでしまっては、まったくの逆効果ですよね。

 

産後ニッパーのまとめ

産後の骨盤の歪みから起こるトラブルは

■お尻が大きくなる
■ぽっこりお腹
■腰痛
■むくみ
■便秘

骨盤が歪むことで、こんなにも体にはトラブルが起きてしまうんでしたよね。

産後ニッパーの種類は

■産褥(さんじょく)ニッパー
■ウエストニッパー

使用時期や、目的に合わせて選びましょう。

産後ニッパーの正しい効果的な使い方は

■サイズ選び
■付け方
■強く締め過ぎない

付けていることで、逆効果となってしまわないように、
しっかり正しく効果的な使い方をしましょうね。

産後のママの体は、想像以上にダメージを受けています。

1日でも早く骨盤の歪みを治したい気持ちも分かりますが、まずは第一にママの体の調子を優先しましょう。

無理をしてしまえば、それも、逆効果となります。

ただ、付けるだけであっても、付け方を間違えてしまえば逆効果でしたよね。

手軽に始められ、簡単な骨盤ケアの方法ですが、慣れるまでは慎重に使用して下さいね。

スポンサードリンク