産後に、多くのママが悩む”産後太り”。

 

妊娠前とは大きく変わってしまった、体重や体型にはげんなりしますよね。

 

無事に赤ちゃんは産まれてきてくれたのに、お腹周りにはお肉がついていたり、下半身が太ってしまったり。

 

私もそうでした。

鏡を見るたびに悲しかったのを思い出します(;_;)

すぐにでもダイエットを始めたかったですが、ダイエットを行う時期や方法までは知りませんでした。

 

産後ママで知らない方は多いんではないでしょうか?

 

そこで、今回は産後に減らない体重の原因や解決法についてご紹介していきますね。

 

少しでも、産後ママの参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

産後に体重が減らない原因とは

体重が減らない原因を知る事で、元の体重や体型に戻す近道になりますよ。

 

痩せない原因とは、

□必要なカロリー以上のカロリー摂取
□筋力、基礎代謝の低下
□骨盤の開きと歪み
□ダイエット意識がなかった

以上の4つが考えられます。

 

必要なカロリー以上のカロリー摂取

母乳育児をしていると、
いつも以上にお腹がすいたりして食欲に任せて食べていないですか?

 

授乳している事で1日600kcal程をプラスで消費します。

成人女性の1日の摂取カロリーの目安は、
2.000kcalほどなので、
授乳中はトータルで、2.600kcal程が摂取目安になりますね。

 

しかし、1日の摂取カロリーを大幅に超えてカロリー摂取をしていると、当然太ってしまいます。

関連記事

 

 

筋力や基礎代謝の低下

産後も赤ちゃんが小さいうちは家にいる事の方が多かったりと、運動量が増えることもなく、
筋力が増えることはありませんよね。

 

筋肉は脂肪を燃やすためのボイラーの働きをするので、筋肉量が少なければ、
それだけ脂肪を燃焼する力も弱くなってしまいます。

 

また、筋力が低下してしまうと、基礎代謝も低下してしまうのです。

 

6ヶ月が過ぎても体重が減らない人は、妊娠中や、出産後に運動をあまりして来なかったことで、痩せない原因となってしまいます。

関連記事

 

 

骨盤の開きと歪み

骨盤が開き、歪むことで太りやすく痩せにくい体になってしまうことは先程もお話ししましたよね。

 

産後、少しづつ骨盤の開きは戻りますが、多くの人がしばらくの間、開き歪んだままの状態です。

 

骨盤が正しい位置に戻らないままでいると、骨盤周辺の血行が悪くなり、脂肪の燃焼がうまくいかず、痩せにくくなってしまいます。

関連記事

 

 

ダイエット意識がなかった

産後2カ月〜6カ月が一番痩せやすい時期と言われていますが、今までとはまったく違った忙しい毎日であっとゆうまに過ぎてしまったり、
そもそもダイエットを意識していなかった方は、痩せにくい体へとなってしまっています。

 

食欲のまま食事をしていたり、運動もする事なく、ましてやストレスで間食が増えていた。

 

そんな、様々な痩せない原因がたくさんあったのかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

産後の時期別!ダイエット方法は?

ダイエットとゆっても何をしたらよいのか分からないママも多いですよね。

そこで、今回は時期ごとにご説明していきますね、

□産後1カ月〜2カ月
□産後3カ月〜半年
□産後6カ月〜1年

 

産後1カ月〜2カ月

出産で失った体力や、出産の為に変化してきた身体が元に戻る回復期間なので、
無理をせず身体を休ませてあげてください。

この時期には骨盤矯正ベルト等での、
骨盤ケアがオススメです。
その際にはサイズの合った物を使用し、強く締めすぎないように気を付けて下さいね。

 

産後3カ月〜半年

引き続き骨盤矯正ベルト等などで、骨盤を元に戻すお手伝いをしてください。

 

また、運動をして妊娠中に落ちてしまった体力や筋力を戻すことで基礎代謝を上げ、痩せやすい身体をつくりましょう。

私のおススメは、家の中でも簡単にできる踏み台昇降運動です。

15センチ〜30センチ程の高さの台や段を使い、繰り返し昇り降りをします。

まずは、10分程度から少しずつ時間を伸ばしてみましょう。

55キロの30代女性が10分行えば43kcal消費し、30分行えば129kcalの消費となります。

1日2セット行えば258kcalをも消費できます。

 

産後6カ月〜1年

産後6カ月〜1年では、体力や体もだいぶ回復しているので、通常のダイエットと呼ばれるもので大丈夫です。

中でも、有酸素運動を行う事が効果的です。

有酸素運動は、脂肪が使われ始めるまでには20分ほど運動を続ける必要があります。

 

脂肪を減らす目的のダイエットでは、この脂肪燃焼し始めるまで運動を続けることが重要になります。

有酸素運動にプラスして行いたいのが、骨盤エクササイズです。

 

太る原因や、痩せない原因に骨盤は大きな要因になっていましたよね。

 

なので、ダイエットをするにあたって、骨盤を元に戻してあげることはとても大切です。

 

骨盤の位置をただすエクササイズは、

①仰向けで寝ます
②両脚を90度に立てます
③1分~3分ほどの時間をかけて左右交互に脚を倒します
④脚が適度に伸びているのを感じてください

初心者でも調整しやすい骨盤矯正エクササイズの方法です。

関連記事
関連記事

 

産後1カ月〜1年にかけて減らない体重まとめ

産後太りの原因は

■皮下脂肪
■骨盤と周りの筋肉の変化
■基礎代謝の低下

産後太りしてしまう原因は覚えおきたいですね。

 

産後に体重が減らない原因は

■必要なカロリー以上のカロリー摂取
■筋力、基礎代謝の低下
■骨盤の開きと歪み
■ダイエット意識がなかった

意識することは大切です。

 

産後の時期別ダイエット方法は

■産後1カ月〜2カ月は骨盤ベルト
■産後3カ月〜6カ月は骨盤ベルトと運動
■産後6カ月〜1年は有酸素運動と骨盤エクササイズ

時期を考えてダイエットに取り組んでみましょうね。

 

産後の体型の変化はママの女性としての自信を失わせてしまいます。

少しでも早くダイエットを行い、元に戻したくなりますよね。

 

でも、産後の女性の体はデリケートなもの。

急ぎ過ぎると体調を壊してしまう恐れがあるので、産後ダイエットを行う場合には、自分の体調の回復に合わせて、やり方を選ぶことが大切です。

 

適切な時期に運動を取り入れ、安全にダイエットを行いましょうね。

 

無理をしない事が、健康や美容、体重を戻すことには大切です。

スポンサードリンク