出産後、体重の増加やお腹周りの脂肪、下半身太りと、様々な産後太りに悩まされていませんか?

 

ぽっこりと出てしまったお腹や、大きくなってしまったお尻は鏡で見るたびに悲しくなってしまいますよね。

 

私も、産後はぽっこりと出てしまったお腹と下半身に付いたお肉に毎日どんよりした気分になっていました。

 

そんな、多くの方が悩まれている産後太り。

 

産後太りには、いくつかの原因がありますが、その中でも骨盤の歪みは大きく関わっているんです!

 

そこで今回は、産後に太ってしまった身体を元に戻す解消法を詳しくご紹介させて頂きますね^_^

 

スポンサードリンク

産後太りしてしまう原因って何?

産後太りしてしまう原因には大きく分けて、

■骨盤の開きと歪み
■基礎代謝の低下
■食事

以上の3つがあります。一つずつご説明していきますね。

 

骨盤の開きと歪み

妊娠中は、出産に備えて”リラキシン”というホルモンが分泌されることで、骨盤周りの筋肉や靭帯が緩み、骨盤が開いていきます。

骨盤の開いた状態では、片足に重心をかけたり、偏った姿勢などからすぐに骨盤の歪みへと繋がってしまうのです。

 

骨盤が歪むことで、骨盤周りに余分な脂肪がつきやすくなってしまったり、
体のバランスが崩れるのでO脚や、下半身太りの原因ともなってきます。

 

基礎代謝の低下

妊娠中は赤ちゃんの成長と共に、お腹もどんどん大きくなってきます。
そのため、妊娠前よりは運動量が減り、場合によっては運動を控えたりするので、
自然と筋肉量が減って、基礎代謝が低下してしまうのです。

 

基礎代謝が低下してしまうと、消費カロリーが減ってしまうので、太りやすく痩せにくい身体へとなってしまいます。

 

食事

母乳をあげているから少しくらい食べても大丈夫!と、思って食べ過ぎている事はないですか?

 

完全母乳の場合、一日に母乳を赤ちゃんに与える量からすると、507kcalほどを消費します。

ですが、消費するカロリーよりも摂取カロリーの方が多ければ当然、太ってしまいます。

 

産後太りの解消法とは

産後太りを解消するには、一番痩せやすいと言われている、産後6カ月までにダイエットする事がポイントです。

 

しかし、産後1カ月は出産で失われた体力や、子宮、身体の回復期間として無理なダイエットはやめましょう。

 

意識して取り組む事と良い事は、3つ。

■骨盤矯正
■食事の見直し
■適度な運動

効率的に産後太りを解消できるように、上記の3つについて詳しくご説明していきますね。

 

骨盤矯正

産後1カ月の回復期間は、ストレッチなどは避けて、骨盤矯正ベルトや産後ガードルを履くなどしてケアするのが良いです。

 

産後2カ月以降からは、産後ガードルなどと共に、骨盤矯正ストレッチをしていきましょう。

たくさんあるストレッチの中でも、“骨盤回し”ストレッチは簡単にできるのでオススメです。

 

やり方は、フラフープの要領で腰を回すだけです!

 

骨盤が歪んでいる場合は、腰がスムーズに回らないので、まずは骨盤が歪んでいるかチェックしてみて下さいね。

 

手順としては、

⑴両足を肩幅に広げて立ち、腰に手をあてる
⑵ 視線はまっすぐ前を向いて、上半身を固定したまま右回りで腰を30回、回す
⑶今度は反対に左回りで30回行う

10回で1セットとして、1日5〜10セットを目安に行って下さい。

ストレッチが毎日続けられない方などは、整体や接骨院でプロの手を借りての骨盤ケアがオススメです。

 

食事の見直し

出産後は、子育ての忙しさから食事の時間が不規則になったり、偏った食事になったりしていませんか?

 

太らない為の食事として、朝・昼・晩の毎食1食、たんぱく質(肉、魚、豆製品、乳製品、卵類)を摂るようにしましょう。

 

野菜は、サラダやスムージー、野菜スープなどで、毎日食べるようにして下さいね。

 

炭水化物(糖質)とは、お米やパン、麺類と他にも様々な食品に入っています。
炭水化物を摂りすぎてしまう事も、太る原因となるのでいけません。

ただし、炭水化物抜きダイエットなど、極端に炭水化物を摂らないのは絶対にやめて下さい。

 

脳のエネルギー源は炭水化物です。

炭水化物を摂らなければ、脳のエネルギー源がなくなってしまい、集中力や思考力が低下してしまうんです。

 

大切なポイントを押さえて、現在の食事を見直してみて下さいね。

 

適度な運動

ダイエットには、“有酸素運動”が効果的です。

 

ですが、産後2カ月〜半年の場合は比較的家に居ることが多いですよね。

 

そんな時、家の中でもできるトレーニングとして、踏み台昇降運動やもも上げ運動がオススメです。

踏み台昇降運動は、床よりも高い段を利用します。
段になるものが無ければ、古い雑誌などを積み重ねて段にしても良いでしょう^_^

20分を目安に昇り降りしてくださいね。

 

もも上げ運動は、名前の通り、太ももを交互に上げるだけです。
段を利用する事もないので思い立ったらすぐにできますよ^^

 

外に出ることが好き!という方は、ウォーキングなどをしてみても良いと思います。
雨の日には、上記の室内で行えるトレーニングをしてみたりと、自分の体調や身体の様子を伺いながら運動してみて下さいね。

 

スポンサードリンク

産後ガードルってどうやって履くの?

骨盤をサポートしながら、歪みを矯正してくれるアイテム として履くだけで良い産後ガードルは今や定番アイテムとなっていますよね。

 

そんな、産後ガードル。
正しい履き方がよくわからない方や、やってはいけない事が分からない方も多いんじゃないでしょうか?

 

なので、産後ガードルの正しい履き方と、きつすぎるガードルはダメな理由をご紹介していきます。

 

正しく履いて効果をUPさせましょう

まずは、自分に合ったサイズを選ぶ事が大事です。

 

そして、正しい履き方として、ウエスト部分を持って、おヘソにガードルの中心がくるように引き上げます。

次に、手で太ももやお尻の下側のはみ出てしまっているお肉をお腹まで引き上げるような感覚でガードルの中に収めていきましょう。

きつすぎるガードルがダメな理由

産後ガードルを選ぶ際は、自分の身体にしっかり合ったサイズを選ぶことが重要になります。

 

小さいサイズを履けば、その分引き締めが強くなると考えがちですが、
実際にはきついと感じる物は血行が悪くなり代謝が低下してしまいます。

 

産後、体調の様子をみながら実際に手に触りサイズ確認をした上でのご購入をオススメします。

 

産後太りの原因や解消法とガードルの履き方まとめ

産後太りの原因は

・骨盤の開きと歪みからくる下半太り
・運動量の減少から筋肉量が減り基礎代謝の低下
・消費カロリーよりも摂取カロリー方が、多い食事をしていないか

以上の、3つでしたよね。

 

産後太り解消法は

・骨盤矯正ベルトやガードルなどで骨盤矯正
・バランスの良い食事を摂れているか、食事の見直し
・有酸素運動など、自分の身体の様子を伺いながらの適度な運動

これらを、意識して行うだけで産後太りはかなり解消できます。

 

ガードルの履き方は

・きつすぎるのはNG、自分の身体にピッタリとサイズの合ったものを使用

 

間違った知識は、ダイエットには逆効果となってしまいます。

正しい知識を得ることで、産後太りを解消するための近道になるのです。

ママとして、大変な事も多いとは思いますが、一人の女性として諦めずに頑張って下さいね!

スポンサードリンク