赤ちゃんに栄養をおくるための母乳。

実はこの母乳育児にダイエット効果があるってご存知でしたか?

 

母乳をあげているとなんだか痩せた!スリムになった!

という先輩ママさんたちの声もきこえてきます☆

 

産後は、あまりからだを動かすこともできず、運動ができないので太ってしまうのでは…と心配になってしまいますよね(^-^;

もしも母乳でダイエットができるのならこんな理にかなったことはありません♡

 

しかし、その母乳ダイエットを成功させるにはいくつかポイントがあるようなんです(*^_^*)

 

今回は母乳ダイエットについてお勉強しましょう♪

 

スポンサードリンク

母乳ダイエットとは!?

母乳ダイエットとは、その名のとおり、お母さんが赤ちゃんに母乳をあげることでダイエットの効果が得られるというもの☆

 

たったそれだけで痩せることができるなんて、なんだか信憑性にかけるような気もしますが、
どうやら本当にダイエット効果が得られるようなんです!

 

しかし、ダイエット効果を得るためにはいくつかポイントがあるようで、
正しい方法でおこなうことが成功の鍵といえます!(^^)!

 

母乳ダイエットの正しいやり方

母乳育児でダイエット効果が得られる大きなポイントは、食生活や産後の過ごし方にあります☆

 

食生活

赤ちゃんに良い栄養を与えるためにもお母さんが摂る栄養がいかに質の良いものであるか!ということに注目しましょう♪

 

そのためにも和食は、最適☆

一汁三菜のバランスのとれた和食メニューは、日本人の体質にも一番あっており、ヘルシーかつ栄養満点なんです(*^_^*)

パンやパスタなどもたまには食べてもいいのですが、小麦よりも基本は白米や玄米を主食に摂るようにしましょう♡

鶏肉や豆腐などの低カロリー・高たんぱくな食材を多く摂るようにすれば、代謝のいいからだづくりに役立ちます♪

 

こうして良い栄養を摂ることで良い母乳を分泌することができる上、自然とヘルシーな食生活をおくれるようになります(^-^)

 

からだを冷やさない

これは、授乳中にかぎらず、女性なら誰しもが気を付けて頂きたいことなのですが、
やはりからだを冷やさないことはとても大切☆

 

からだの免疫力や血行を良くしておくためにも、
常にからだの保温には気を配るようにしましょう(*^_^*)

 

特に母乳育児真っ最中のお母さんは、
乳腺炎予防のためにも血行を良くしておく必要があります!

 

冷たい飲み物や食べ物は極力避け、
なるべくあたたかい飲み物を飲むようにすると良いですね♡

 

また、冷えは足元からくるといわれています♪

常に靴下を履くようにするといつでも足元をあたたかく保つことができ、冷えを改善してくれます!(^^)!

 

からだをあたたかく保つことで血行が良くなると、母乳の出も良くなり、さらに代謝もアップするのでダイエット効果も上がります↑

 

母乳体操

母乳ダイエットというからには、母乳をできるだけ無理なく出せるといいですよね♡

それでもなかなか出づらかったり…と悩んでいるお母さんも多いのでは?

そんな時には母乳体操を試してみてください♪

 

1.椅子に腰かけ、腕を曲げて肩に手をのせる。

2.ひじで脇をパタパタと軽くたたくように8回動かす。

3.そのままひじを前から後ろへ3回まわす。

4.同様に次は後ろから前へ3回まわす。

 

腕をまわす時には肩からまわし、お腹も一緒につかって動かすと運動効果があがります♪

 

上半身の血行を良くするので、凝り固まった肩や肩甲骨周りの筋肉をほぐし、母乳の出も良くなることが期待できます(^^)

 

スポンサードリンク

母乳をあげると消費カロリーはどれくらい

 

授乳による消費カロリーは、意外と高いってご存知でしたか?

 

母乳は、赤ちゃんが乳首を吸う刺激によって乳腺まわりの筋肉を収縮させ、乳管をとおってポンプで押し出されるように出てきます。

この一連の動きを1日分の授乳回数で計算すると約500~600kcalにもなるんです!

 

この消費量は、ランニングを1時間以上をおこなったくらいのエネルギー消費☆

そう考えると母乳ダイエットといわれる所以にも納得ですよね!(^^)!

 

それほどのカロリー消費をしている上に、ヘルシーな食生活が加わるとグンとダイエット効果があがり、自然と痩せる、というわけです♡

 

完母と混合でダイエット効果の差はどれくらいか

では、赤ちゃんが母乳だけを飲む完全母乳と母乳と粉ミルク、どちらも飲む混合授乳での育児で、
ダイエット効果の差はどれくらいあるのでしょうか?

 

これだけの差がある!という断言はできませんが、

消費カロリーでいうと完全母乳の方が授乳回数が多いわけですからその分消費カロリーも高くはなります。

 

その観点でみると混合授乳に比べ、完全母乳の方がダイエット効果は高いといえます♪

 

しかし、混合授乳だからといって決して焦る必要はなく、

粉ミルクと母乳を上手に使い分けてストレスのない育児を心掛けましょう。

 

母乳ダイエットで大切なのは食生活や過ごし方にあることを忘れずに♡

 

まとめ

授乳するのにこれだけのカロリーを消費するなんて驚きでしたよね!

 

その消費カロリーに加え、お母さんのからだを考えた健康的な生活が

母乳ダイエットの真相だったこともわかりました(^^)

 

この記事を参考に皆さんもぜひ、

母乳ダイエットを意識してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク