産後、妊娠中に増えてしまった体重が戻らない。

下半身に蓄えた脂肪が落ちない。

 

そんな、ママさん達の声をよく耳にします。

 

産後は自然の痩せるものだと思っていたのに、
太ったままなのはとても悲しいですよね。

 

私もそうでした。

特に、腰回りから下半身にかけてむくみと太りと、鏡で見るのが嫌なくらいでした( ; ; )

 

しかし、産後は慣れない赤ちゃんのお世話に家事にと、ダイエットとして時間を取ることは難しいですよね。

 

なので、今回はそんな産後ママさんの多くが悩んでいる、産後太りを解消できる、
赤ちゃんを抱っこしながら行えるダイエット方法をご紹介していきますね。

 

スポンサードリンク

ダイエットを始めるタイミングは?

ダイエットを開始したいけど、いつから初めてよいのか分からない。

 

そんなママさんのために、はじめに、正しいダイエットを始めるタイミングをご説明します。

・ダイエットをしてはダメな時期
・ダイエットをして良い時期

詳しくお話ししていきますね。

ダイエットをしてはダメな時期

産後1カ月〜2カ月は、出産で失った体力や、
出産に向けて変化してきた体が回復する期間です。

 

どれだけお産がスムーズだったとしても、
ママの体はダメージを受けています。

 

この、出産してから体が完全に回復するまでの期間を産褥期(さんじょくき)と呼びます

産褥期はとにかく、体を休ませてあげてください。

この時期は、貧血になりやすいので、
めまいや動悸を感じたら無理をせず横になって安静にしてくださいね。

ダイエットをしてよい時期

体が戻るのにも個人差がありますので、いつからというのは人によって異なりますが、
体調が安定した産後2カ月以降であれば、産後ダイエットを始めても良いと言われています。

 

また、産後6カ月までが一番痩せやすいと言われています。

 

産後6カ月以降であれば、体力や体もだいぶ回復してきているので、
通常のダイエットと呼ばれるもので大丈夫ですよ。

 

赤ちゃんを抱っこしながらできるダイエット方法とは?

私もオススメな5つをご紹介します。

・赤ちゃん抱っこでスクワット
・赤ちゃん抱っこでふくらはぎ鍛える
・赤ちゃん抱っこで骨盤ぐるぐる
・赤ちゃん抱っこで腹筋
・赤ちゃん抱っこでウォーキング

一つづつ詳しくお話ししますね。

 

ちなみに、トレーニングする前には、
準備運動やストレッチを行うことで、体の中の血流がアップしてスムーズな代謝に働きかけることができますよ。

 

また、赤ちゃんを抱っこしながらトレーニングを行う際は、”抱っこ紐”使うと良いと思います。

 

赤ちゃん抱っこでスクワット

スクワットでは、下半身の引き締めに効果があります。

 

更に赤ちゃんを抱っこしている分、負荷がかかるので、普段のスクワットより高い効果を期待できますよ。

〜やり方〜

①赤ちゃんを抱っこして、足を肩幅よりやや広めに開いて立ちます
②息を吐きながらゆっくりと腰をおろしていきます
※腰を下ろした状態で数秒キープすると更に良いです。
③息を吸いながらゆっくりと立ち上がります

 

背筋を伸ばしてお尻を突き出さないように行うのがポイントです!

赤ちゃん抱っこでふくらはぎを鍛える

赤ちゃんを抱っこして、両足のかかとを上げたり下げたりするだけ!

 

上げた状態で数秒キープしてから下ろす事がポイントです。

 

単純な運動ですが、むくんでしまったふくらはぎには効果的です。

 

赤ちゃん抱っこで骨盤ぐるぐる

この運動では、骨盤ケアと、ウエストの引き締めに効果があります。

〜やり方〜

①両脚を軽く平行に開いて、右回しに5回、左回しに5回回します
※頭と足の位置を動かさないように(頭から1本筋が通っているように意識しながら、腰だけを回しましょう

②つま先を軽く開き八の字になった状態で、先程と同じように右回し5回、左回し5回と腰を回します

③かかと側を開いて内股になった状態で、同じく右回し5回、左回し5回と腰を回します

円を描くように腰を回すのがポイントです。

 

赤ちゃん抱っこで腹筋

腹筋が鍛えられ、骨盤周りの筋力UPの効果があります。

〜やり方〜

①仰向けに寝て、両膝を立てます
②お腹の上に自分と向かい合うように赤ちゃんを座らせます
③赤ちゃんを支えながら、お腹とお尻を上げたり下げたりします

今までの運動に比べるとハードですが、
赤ちゃんはとても楽しめると思います^_^

 

赤ちゃん抱っこでウォーキング

抱っこしながらウォーキングは、少しえらいかもしれませんが、
下半身が鍛えられると同時に、普通に歩く以上のカロリー消費が期待できます。

 

しかし、赤ちゃんは思ったより重いです。

背筋を伸ばして歩かないと、腰痛につながることもあるので、気をつけて下さいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんを抱っこしながら行うダイエットの注意点

赤ちゃんと一緒にトレーニングする事は、
赤ちゃんも楽しみながらママもダイエットできるのでオススメですが、
注意していただきたいこともあります。

・揺さぶられっこ症候群
・赤ちゃんを最優先に考える

この2つをご説明していきますね。

揺さぶられっこ症候群

赤ちゃんの脳は水に浮かんだ豆腐の様な状態なので、強い衝撃を受けると、
脳内出血や脳が傷つけられてしまう恐れがあります。

 

ゆっくりとしたスピードで行うことに問題はありませんが、

✖早いスピードで行なう
✖腰を落としたり立ち上がる時に急に動く
✖赤ちゃんの体が揺さぶられる程の動き

この行為は、とても危険です。
赤ちゃんに衝撃を与える様な動きは、
絶対にやめて下さい。

 

赤ちゃんを最優先に考える

赤ちゃんを抱っこしながらトレーニングを行う際は、
ママがトレーニングを行いたい時だけではなく、赤ちゃんの事を最優先に考えて行なって下さいね。

 

ミルクや食事の直後は避け、赤ちゃんの機嫌の良い時に行なうようにしましょう。

 

スクワット中も赤ちゃんとの、コミュニケーションをしっかり取りながら行う様にすると良いですね。

 

赤ちゃんを抱っこしながらダイエットのまとめ

ダイエットを始めるタイミングは

●産後2カ月以降

産後すぐは、体を休ませてあげましょう。

 

赤ちゃんを抱っこしながらできるダイエット方法とは

●赤ちゃん抱っこでスクワット
●赤ちゃん抱っこでふくらはぎ鍛える
●赤ちゃん抱っこで骨盤ぐるぐる
●赤ちゃん抱っこで腹筋
●赤ちゃん抱っこでウォーキング

赤ちゃんの機嫌を見ながら、行なって見て下さいね。

 

赤ちゃんを抱っこしながら行うダイエットの注意点は

●揺さぶられっこ症候群
●赤ちゃんを最優先に考える

赤ちゃんの様子をみながら、無理のない範囲でダイエットに取り組んでくださいね。

 

赤ちゃんを抱っこしながらのダイエットは、
赤ちゃんとのスキンシップも可能なので一石二鳥ですね。

 

どれも気軽に簡単に出来るものばかりなので、ぜひ頑張ってください^_^

スポンサードリンク