お母さん方は産後の体型が戻らなのが産後1番の悩みではないでしょうか。

 

 

体重は元に戻ったのに、体型は戻らずぽっこりお腹になってしまったお母さんも多いはず。

 

 

私も体重は減ったのにぽっこりお腹はそのままでたるんでしまっています(*_*;

 

 

そもそも体型が戻らない原因とは一体どのようなことがあるのでしょうか。

 

 

今回は、産後の体型が戻らない理由や体型の戻し方でおすすめの方法をご紹介します♫

 

 

どれも簡単にできるものばかりですので、ぜひチェックしてみてください☆

 

 

スポンサードリンク

産後はなぜ体型が戻らない?

産後の体型というのは、骨盤の開き具合で変わってきます。

 

 

産後に開いた骨盤というのは時間をかけて自然に戻っていくんですよ。

 

 

そのため体型も妊娠前に自然に戻るはずなのですが、育児に追われ忙しい毎日を送っているお母さん方は生活リズムが乱れやすく、どうしても産後のトラブルとして体型が戻らないことがあるんです。

 

原因は様々ですが、主に体型が戻らない原因は
・骨盤の歪み
・食べ過ぎ
・運動不足
この3つにありますので、詳しくご説明しますね。

 

 

骨盤が歪んでいる

先程も説明したように、骨盤というのは妊娠中から徐々に開いていき、出産時は産道を通るため赤ちゃんの頭が通るくらいまで開いてきます。

 

出産時は産道を赤ちゃんが通ると脳が刺激され、産後は骨盤が閉じるよう脳が信号を出し、自然に骨盤が締まるようになっているんです。

 

しかし、産後の育児で姿勢が前かがみになると骨盤は元のようには締まらず、開いた状態でしまってしまいます。

 

更には、横座りや脚を組んだりするクセがあると片方だけ骨盤が開いた状態で締まったりしてしまうことも。

 

そうすると、骨盤の歪みの原因になり、骨盤の空いた空間に内臓が下がってきてぽっこりお腹の原因になってしまうんです!

 

特に腸は下がると機能低下に繋がり、消化不良を起こしたりしてしまいます。

 

また、血行も悪くなるため浮腫みやすくなったり冷え性になってしまい、脂肪をためやすい身体になってしまうんですよ。

 

 

食べ過ぎている

次に体型が戻らない原因としては産後の食べ過ぎによるものです。

 

妊娠中は体重を増やさないよう食事を控えめにされたり、高カロリーなものは控えていたお母さん方も多いのではないでしょうか。

 

私も極力増やしたくなくて、食事の回数を減らしたりヘルシーな食事を心がけていました。

 

ですが産後は食べたいものが食べれるようになったからとたくさん食べたり、育児で忙しいからと手早く食べれる菓子パンや即席麺などで済ませてしまうことが多くなり、結果的に一日の摂取カロリーを超えてしまい産後太りに繋がってしまうんです!

 

そうすると産後の体型は戻るどころか悪化させてしまうことに。

 

また、母乳育児は空腹になることが多く間食の回数が増えてしまい、産後の体型が戻らないということもあるんです。

 

 

運動不足になっている

慣れない育児で中々外に出れないお母さん方もいらっしゃるでしょう。

 

外に出るのが億劫になり、家でゴロゴロしてしまうと運動不足になり、代謝が落ちてしまうと産後の体型が戻りにくい身体になってしまうんです。

 

筋力が落ちてしまうと骨盤を支えている筋肉も緩んでしまい、骨盤を締める力が弱まってしまうため、ぽっこりお腹が改善されなくなってしまうことも。

 

気分転換に少しの時間でも外に出て散歩すると、ストレス解消にもなりますし、赤ちゃんにとっても刺激を受けて寝付きが良くなったりしますので、毎日運動するようにしましょう。

 

以上を踏まえた上で、次は産後におすすめの体型の戻す方法についてご紹介しますね(^o^)

 

 

スポンサードリンク

産後におすすめ!体型の戻し方の方法を詳しく

ここでは、気軽にできる産後におすすめな体型の戻し方についてご紹介します。

 

特にまだ小さい赤ちゃんや寒い季節は外に出ることが難しい時もありますので、家の中でもできる
・和食中心の食事
・骨盤ベルトの着用
・運動
この3つについてご説明します!

 

 

和食中心の食事にする

産後の体型が戻らないのは食べ過ぎや高カロリーのものを食べてしまうことも1つの要因です。

 

ですので、おすすめは和食中心のヘルシーな食事を心がけるといいですよ☆

 

また、調味料も砂糖やみりんをたくさん使うのではなく、甘酒などの自然の甘みのある調味料を使ったり、醤油や味噌は控えめで出汁の風味の効いた減塩調理をするといいですよ(^o^)

 

最近では無水料理と言って野菜からでた水分だけで調理する方法もあり、調味料は少しだけでもしっかりとした味のおかずが出来るのでオススメです☆

 

また、和食中心の食事は母乳育児にとってはとても良く、乳腺炎などの母乳トラブルを防げる効果があるんです。

 

更に、薄味にすることでご飯の量も少なく済んで満足感が得られやすいんです!

 

 

骨盤ベルトを着用する

手っ取り早く骨盤を矯正しようと思ったときは、骨盤ベルトを着用することが1番です。

 

産後すぐから使えるものが多く、手頃な価格で売っているものもあります。

 

ですが、締めすぎたり間違った着け方をしてしまうと効果が出なかったりするので、必ずサイズは測り着け方を確認した上で着用しましょう。

 

また、つけている間に体調が悪くなるようであれば直ぐに外して身体を休めることに専念してくださいね。

関連記事
関連記事
関連記事

 

 

運動する

産後の体型を戻すのには身体を動かすことが一番ですが、産後すぐから約1ヶ月半は産褥期と言われており、育児や身の回り以外のことはせずに身体を休めることを優先にしなければいけません。

 

理由は子宮の収縮を促すことや悪露を出し切るためです。

 

無理に動いてしまうと子宮の収縮を妨げたり、悪露が子宮に残ってしまうことも。

 

そうすると治療を別に受けないといけなくなったりしますのでできる限り身体を動かすのは控えるようにしましょう。

 

ですが、産褥期でもできる産褥体操を始めるといいですよ!

 

横になった状態で手足首を回したり、足の曲げ伸ばしをしたりと簡単にできますし、血行を良くしたりリラックス効果も得られます。

 

産褥体操を毎日少しずつすることで運動する習慣が身に付き身体を動かしやすくなります。

 

そして産褥期を過ぎた頃からは少しずつ身体を動かしていきます。

 

家でも簡単にできるものとしては、スクワットや腹筋、階段昇降がオススメです(^^)v
スクワットや腹筋は赤ちゃんと一緒に遊びながらでも出来ます☆

 

しかし無理は禁物です!

 

体調が悪くなったりした場合は身体を休めることが大事ですよ。

関連記事
関連記事

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

産後の体型は自分が意識することで妊娠前に戻すことが出来るんです!

 

ですが、早く戻したいからと頑張りすぎてストレスになってしまうと暴飲暴食につながったり、怪我をすることもありますので、リラックス程度から少しずつ始めていくようにしてくださいね☆

 

妊娠前のスリムな体型に戻れるよう頑張ってみてください(^^)/

 

それでは!

スポンサードリンク