出産後に太ってしまう事で悩んでいた方も多いと思いますが、
次にやってくるのが、断乳や卒乳後の体重管理です。

 

授乳することで消費していたカロリーが、断乳や卒乳後には消費できなくなります。

 

そのため、今までと同じ食事や運動量では太ってしまうのも当然ですよね。

 

産後太りと同じくらい、断乳卒乳後に太ってしまった事で悩んでいる方も多いと思います。

 

まずは、理由をしることで太る事を防ぐ事ができますよね!

 

なので、今回は断乳や卒乳後に太ってしまう理由や対策をご紹介していこうと思います^_^

 

スポンサードリンク

断乳や卒乳後に太ってしまうのには理由がある

断乳、卒乳にせっかく成功したとおもったら、どんどん体重が増えていく。。

 

なんて事、ママさんは悲しいですよね。

 

断乳、卒乳を機に太ってしまわないように、
まずは理由を把握しておきましょう。

・今までと同じ食事量
・精神的な食欲

どちらも”食べる事”ですが、
この2つについて詳しくご説明していきますね。

 

今までと同じ食事量ではないですか?

授乳期間は、授乳している事で600kcal程消費するので、
その分を余分に食べていても太ることはありません。

 

ですが、断乳卒乳をしてしまえば授乳で消費されていたカロリーはなくなりますよね。

消費カロリーはなくなっても、今までと同じ食事量では消費カロリーより摂取カロリーが多くなってしまい、太ってしまいます。

 

精神的な食欲

断乳や卒乳を機に仕事復帰する方もいると思います。

 

そんな場合、仕事に育児に家事 毎日とても忙しいですよね。

忙しい毎日からストレスも溜まりやすくなってしまい、
イライラしてスナック菓子を食べすぎたり、疲れから甘いものを食べたくなったり。

 

これらが、精神的な食欲です。

 

こういった、食欲のまま食べていると太ってしまいますよね。

 

ストレスは食欲とは別の方法で、解消できるようにしましょう!

 

断乳や卒乳太りを予防する対策法とは

断乳や卒乳太りしてしまう理由もわかったので、
次は太ってしまわないための対策法をご紹介します。

・カロリー計算
・運動
・ストレス発散方法を見直す

この3つの対策方法をお話しします。

 

カロリー計算

成人女性の1日の合計の摂取カロリーの目安は、
2.000kcal程です。

 

1日に食べた物のカロリー目安を記入し、合計摂取カロリーを大幅に超えないようにしましょう。

記入することで、1日に食べた物を目で見て分かるようになるので、食べ過ぎを防ぐ事ができます。

 

運動

食べる量を抑えるだけでは、”痩せやすい身体”にはなりません。

 

妊娠中は家に居る時間が増え、運動量も下がる事で、筋力が低下します。

筋力の低下から、基礎代謝が低下し、
“太りやすい身体”になってしまうのです。

 

なので、筋力を増やして代謝を高める必要があります。

 

その為には、30分のウォーキングを週に4日程行える事が理想ですが、
実際にはお子さんが小さいとなかなか時間が取れないこともありますよね。

 

そんな方は、スクワットやお子さんとの散歩など、少し息がはずむくらいの運動を取り入れてみてくださいね。

 

ストレス発散方法を見直す

先程もお話ししたように、ストレスなどから食べ過ぎてしまったり間食をし過ぎてしまう事があります。

 

ストレスの発散方法が食欲になってしまえば、ストレスが溜まれば溜まる程、体重も増加してしまいますよね。

ストレス発散できる別の方法を見つけてみてください。

 

たとえば、有酸素運動は基礎代謝を上げることもできて、
また、脳が刺激されストレスを和らげてくれるのでオススメ
です。

 

スポンサードリンク

断乳や卒乳後に太ってしまった!痩せるトレーニングとは

対策も間に合わず太ってしまった。

 

そんな方も安心してください。

ダイエットには“有酸素運動”が効果的だと言われているので、
しっかり毎日に運動を取り入れる事で痩せることはできます。

・踏み台昇降運動
・フラフープ
・骨盤スクワット
・エア縄跳び

以上の4つの、トレーニングは自宅でできるのでオススメです。

 

踏み台昇降運動

踏み台昇降運動は、床よりも高い段を利用し昇り降りを繰り返す運動です。

段になるものが無ければ、古い雑誌などを積み重ねて段にしても良いです。

 

1日30分を目安に昇り降りしてくださいね。

 

30分の運動で約150kcal消費できますよ。

 

フラフープ

フラフープでは、お腹や腰回りのシェイプアップ効果が期待できます。

 

フラフープは30分の運動で約300kcalをも消費します。

 

他の運動に比べると少し場所はとりますが、
ウォーキングを30分しても200kcalをも消費できない事を考えると、効率はとても良いですね。

 

骨盤スクワット

出産時に開いてしまった骨盤や、歪んだ骨盤は太る原因となっているので、
骨盤スクワットで骨盤矯正する事は大切です。

〜やり方〜

①足を肩幅程度に開いた状態で立ちます

②足の爪先をなるべく外側に向けます

③上半身を床と垂直にして、45秒かけて腰を落としていきます。
※体重を膝に掛けずにお尻に掛ける事を意識して下さい

④15秒かけて元の位置に戻り、今度は爪先をなるべく内側に向けて、45秒かけて腰を落としていきます

⑤15秒かけて元の状態に戻ります

⑥爪先をそのままにした状態で上体をできるだけ前に倒し、15秒キープします

⑦ゆっくりと最初の状態に戻っておわりです

1日1回 行って下さい。

骨盤スクワットは、30分の運動で約160kcal消費できます。

 

エア縄跳び

縄跳びはダイエット法としてよく耳にしますが、場所を取ることでなかなかできませんよね。

 

そんな時は”エア縄跳び”で大丈夫です。

 

エア縄跳びとは、その名の通り縄跳びを使わずに縄跳びをしているかのような運動です。

 

エア縄跳びは、30分の運動で約300kcalをも消費します。

フラフープ同様とても効率の良い運動ですよね。

 

有酸素運動で筋力を高める事で、基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がると、消費エネルギーが増えるのでダイエットをしやすくなりますよ。

 

断乳や卒乳後に太る理由と対策まとめ

断乳や卒乳後に太る理由とは

●今までと同じ食事量
●精神的な食欲

消費カロリーより、摂取カロリーが多い状態では太ってしまいます。

 

断乳や卒乳太りを予防する対策とは

●カロリー計算
●運動
●ストレス発散方法を見直す

食べているものを見直し、適度な運動を行う事で太ってしまう事を予防しましょうね。

 

断乳や卒乳に痩せるためのトレーニング法とは

●踏み台昇降運動
●フラフープ
●骨盤スクワット
●エア縄跳び

ダイエットには上記のような有酸素運動がオススメです。

 

1日〜2日おきに有酸素運動を行ってもダイエット効果は得られます。
自分のペースに合わせて取り組んでみてくださいね。

 

授乳がやっと終わりひと段落つきたいところですが、気を緩ませると元に戻すのには時間がかかるので、
気を引き締めて太らないように対策をしてみてくださいね^_^

スポンサードリンク